(お役立ちメニュー)レーザーによる静脈瘤の治療

「ストリッピング手術」が今まで弁が壊れた静脈を手術によって引き抜く治療法として主流だったのです。
しかし1?2週間の入院が必要になったり、傷跡が残ることもあり患者の負担も高いという欠点があったのです。
足の静脈の血液が本来とは逆の方向に逆流してしまうのを防ぐ弁が機能不全に陥ってしまうことを静脈瘤と呼ばれています。
静脈内に血液がどんどんと溜まってしまうことによって発症することになります。

 

レーザーを使った静脈瘤の治療法が最近急速に普及してきています。
局所麻酔のみで皮膚を切ることなく施術することができ、レーザー治療でしたら痛みや傷跡がほとんど残らないので安心です。



(お役立ちメニュー)レーザーによる静脈瘤の治療ブログ:17/11/04

ダイエットのために
トレーニングを始めた人が陥りやすいワナは、
「ライスが美味しくなる」ということでしょう。

そもそもダイエットの必要がある体型をしている方は、
標準よりも多めに
ライスを食べてしまっている可能性が強いはずです。

あるいはライスの量は普通でも、
油物や糖分が多かったり…
とにかく、食べることが嫌いなら、
ダイエットが必要になることもありませんよね…

元々食べる事が好きなのに、
ダイエットでトレーニングを始めると、
当然ですが、いつもよりウエストがすいてしまいます。

ウエストがペコペコだからこそ
「ライスがより美味しい!」
まさに健康の証ともいえる現象ですね!

「トレーニングしているから大丈夫」という安心感で、
普段より食べる事量が多くなると…
トレーニングによる消費エネルギーよりも
食べる事による摂取エネルギーが上回ってしまうので、
当然ダイエット効果が出にくくなります。

ダイエットのコツは、
トレーニングと食べる事制限を同時に行うことです。

なので、
摂取エネルギーより消費エネルギーが上回るよう、
トレーニングに励む必要があるのです。

せっかくトレーニングしてダイエットに取り掛かるなら、
一刻も早く成果を出したいものですよね!

なかなか成果が出なければ、決意も揺らいでしまいます。

そこで、食べる事もある程度制限し、
集中してダイエットに励む必要がありますが、
ダイエットを実践している人の中には、
間食やビールをカロリーにカウントしていない方も…

むしろ間食やビールはダイエットの大敵ですから、
せっかくのトレーニング効果を台無しにしないよう、気をつけましょう!