知っておきたい静脈瘤情報をお届けしています。
(お役立ちメニュー)レーザーによる静脈瘤の治療

(お役立ちメニュー)レーザーによる静脈瘤の治療


(お役立ちメニュー)レーザーによる静脈瘤の治療
「ストリッピング手術」が今まで弁が壊れた静脈を手術によって引き抜く治療法として主流だったのです。
しかし1?2週間の入院が必要になったり、傷跡が残ることもあり患者の負担も高いという欠点があったのです。
足の静脈の血液が本来とは逆の方向に逆流してしまうのを防ぐ弁が機能不全に陥ってしまうことを静脈瘤と呼ばれています。
静脈内に血液がどんどんと溜まってしまうことによって発症することになります。

レーザーを使った静脈瘤の治療法が最近急速に普及してきています。
局所麻酔のみで皮膚を切ることなく施術することができ、レーザー治療でしたら痛みや傷跡がほとんど残らないので安心です。



(お役立ちメニュー)レーザーによる静脈瘤の治療ブログ:17/3/21

ダイエットには、
菓子パンのほうがいいと感じている人が多いようですね。

実際、ご飯は、ウエストにガッツリときます。
少量でも重さがあるので、ダイエットをしている人の中には、
控えようとする人が多いようです。

たしか菓子パンは
かわいくて、食べやすく、味も濃くて、軽いし、すぐに空腹を満たせます。

しかし、ちょっと待ってください。
食べればすぐに満腹感を得られますが、
またスグにウエストが減りやすいと思いませんか。

小麦粉からできているため消化が早く、すぐに満腹感を得られます。
しかし吸収が早いぶん、血糖値は急上昇のあと急降下で元に戻り、
腹持ちが悪く、すぐにまたウエストがすいてしまうのです。

少量のパンで一時的に空腹を満たせても、
すぐにウエストが減ってしまい、またパンを口にする…
結果として、ご飯以上に高カロリーをとることになりがちなんです。

そして忘れてならないのは、
意外と油分を多く使っているということです。

何もつけずに、菓子パンだけを食べる人は少ないでしょう。
味付けのためバター、チョコレート、クリームなどの
油分を使うことになる場合がほとんどのはずです。
そのため、菓子パンは少量でも意外と高カロリーになるのです。

しかし、ご飯は違います。
菓子パンよりも消化が悪いため、満腹感が長く持続します。
ですから、菓子パンよりもご飯のほうが腹持ちがいいのです。

ゆるやかに消化され、血糖値もゆるやかに上昇し、
からだへの負担も小さいのです。

「菓子パンにするか、ご飯にするか」
ダイエットが成功するかどうかは、ここで決まるのです。

(お役立ちメニュー)レーザーによる静脈瘤の治療

(お役立ちメニュー)レーザーによる静脈瘤の治療

★メニュー

(お役立ちメニュー)そばかすの治療に有効なレーザーを皮膚に効果的に照射
(お役立ちメニュー)理想的な施術のレディエッセでプチ隆鼻術
(お役立ちメニュー)しみ治療を施すことで早急に皮膚改善
(お役立ちメニュー)ボトックス注射で若返り
(お役立ちメニュー)ホクロ治療は皮膚へのくりぬき法とQスイッチレーザー
(お役立ちメニュー)フェイスリフトはお肌のハリを取り戻し美しくする
(お役立ちメニュー)ヒアルロン酸を使った豊胸手術
(お役立ちメニュー)皮膚科や美容クリニックへ通って悩めるニキビを治す
(お役立ちメニュー)肝斑治療の中で最も有効的な方法
(お役立ちメニュー)レーザーによる静脈瘤の治療


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)美容整形を求めている全ての方へ