(お役立ちメニュー)ホクロ治療は皮膚へのくりぬき法とQスイッチレーザー

ほくろのくりぬき法は傷が深くなることもあり、完治するまでに時間がかかってしまい傷がへこんでしまうなどといったことが起こることがあります。
小さめのほくろに効果があり、大きなホクロに対してはまた別の施術を施す必要があるのです。
皮膚をくり貫くこととなるくりぬき法と呼ばれている治療法が今では人気急上昇中です。
ほくろの組織自体を綺麗に除去する施術ですので再発をしてしまう可能性もほぼ無いのです。

 

比較的新しいタイプのレーザー治療がQスイッチレーザーで、ほくろに有効的な治療法の一つとして確立しています。
ホクロに対してのみ効果があり、周囲の正常細胞に悪影響を与えることは一切ありません。


麻布十番 賃貸マンション
URL:http://www.at-residence.co.jp/area/minatoku/azabujuban/


(お役立ちメニュー)ホクロ治療は皮膚へのくりぬき法とQスイッチレーザーブログ:17/11/21

俺達夫婦は、結婚してから7年間、
努力はしていましたがお子さんができませんでした。

はじめのうちは話をふってきたお互いの父母も、
段々とお子さんの話題を
俺達の前で出さないようになっていきました。

当時の俺は、実のところ、
お子さんが欲しいと思っていませんでした。

小さいお子さんをどう扱っていいかわからなかったし、
何より、お子さんが生まれると
自分や夫婦の時間が割かれてしまう、
自由が奪われてしまうのではないかとも思っていました。

でも、よく考えてみると…
お子さんが欲しくないという思いの下には、
別の感情が隠されていたのです。
それは、自分のことが大嫌いだということでした。

小さい頃、忙しかった父母には
俺達お子さんの面倒をみる余裕がありませんでした。

それをお子さん心に
「父母に愛されていない俺は、愛するに値しない存在だ」と
勘違いしてしまっていたのです。

けれどもそれは本当に大きな誤解でした。
お子さんを愛さない父母はいない。

そこにはしかたのない事情があったのかもしれない…
という、ものの見方が出来るようになったのです。

愛していなかったのではなく、
仕事の忙しさのために仕方のなかったことだった。

それどころか、
お子さん達の幸せのために身を削って働いてくれていたのだ!

その時、
生まれてはじめて、
自分のお子さんがいてもいいんだ!と
思えたのです。

すると、まさにその月のことです。
お子さんを妊娠したと妻から報告を受けたのは…

妻は電話口で泣いていました。
今振り返れば、妻もまた、俺と同じように自分を責めていて、
俺の思いは知らぬ間に妻の中に伝わり、
夫婦の間にも愛というつながりが生まれたのだと思います。